値引きの交渉術

期待のできる値引き額と交渉を開始するタイミング

中古車購入をする際、値引き交渉にチャレンジをすることでお得に手に入る可能性があります。どの程度、金額を下げてもらえるのかは、利用する販売店や狙っている中古車によって違います。快く10万円程度の値引きをしてくれる場合もあれば、交渉自体を受け付けていないこともありますので、一概に金額を示すことはできません。しかし下がる可能性がある以上、実践してみて損はないでしょう。ただ、いきなり交渉を開始してしまうのは注意が必要です。商談にすら入っていない段階で、値引きを求めてしまうと、販売店側もあまり良い顔をしないはずです。購入をしてくれそうな客として見てもらうことも必要ですので、まずはテーブルにつき、詰めの段階に入ってから金額についての相談を進めていくようにしましょう。

値引きを引き出す交渉テクニック

交渉術はいくつかありますが、その内のひとつが他店と競合させることです。販売店としては他に流れてほしくない考えがありますので、他店での購入をほのめかすことで値引き対応をしてくれる場合があります。ただ、中古車の場合は1台1台で価値が異なるため、新車購入の時ほど、競合をさせるテクニックは有効ではないとも言えます。しかしそれでも気持ち程度の値引きをしてくれる場合もあるため、ひとつのやり方として押さえておきましょう。

諸経費やオプションを攻める交渉術もあります。車両本体価格を安くしてもらうことばかりが、交渉のやり方ではありません。生じる手数料の一部をカットしてもらう、タイヤやバッテリーといったオプションを付けてもらうなど、角度を変えた交渉も考えてみましょう。